K-TAS|神奈川トータル・アシスト・システム

ごあいさつ

 経済状況や雇用環境が大きく変化する中、仕事に対する強い不安、悩みなど、働く人の受けるストレスは増大傾向にあります。さまざまな組織では、メンタルヘルスの不調、精神疾患による休職者、離職者の割合が、他の身体的疾患に比べ圧倒的に多くなっています。2015年12月には、労働安全衛生法が改正され、50名以上の従業員がいる事業団体は、職員に対してストレスチェックを実施することが義務化されました。ストレス対策の充実化、メンタルヘルスの予防は、どの事業者でも早急の課題であり、職員が心身ともに健やかに仕事するため環境改善が求められています。

 神奈川トータル・アシスト・システム(K-TAS)は、神奈川県内に個人開業の心理相談室を構え、豊富な経験がある臨床心理士が集まり、事業者、組織のメンタルヘルス相談や講習会など幅広い活動を展開しています。職員の方々への精神的健康の維持・向上に寄与していきたいと考えております。

 このK-TASに所属する臨床心理士のメンバーは個人開業の他、スクールカウンセラー、病院の心理士、企業のカウンセラー、大学の学生相談室、大学講師などさまざま領域で活躍し、実績、信頼度ともに十分にあります。どうぞ安心してご利用ください。

新着コラム

2017.09.20
保育園から企業まで
2017.09.08
自然のなかで
2017.09.04
心と身体の声に耳を傾けて
2017.08.30
幸せな人生は心が決める
2017.08.28
箱根駅伝を歩く